ディアンシー

ディアンシーを入手するためポケモン映画へ。本当は先週行く予定だったものの、外出した時暑さにやられて休まざるを得なかったという。夏休み終わったら夏なんて全く価値がないんだから、さっさと終わってくれないかなw


3DS2台にそれぞれダウンロード版とROM版を入れて、ディアンシー4匹分のふしぎなカードをゲット。本体からソフトを抜き差しする手間がない分スムーズだった。とりあえずサブの1匹だけ図鑑用に即受け取って、他はカードの状態でキープかな。(←ずっとカードのままになるパターン)


あとは最近すっかり忘れていたが、「とうぞくと1000びきのポケモン」の隠しステージも入手。(通常ステージは全部クリア済み。)放置していたおかげで3種類999匹の状態になっていたので、追加の4ステージも数の力で楽勝。マスターボールがもらえるのはうれしいと言えばうれしいけど、シリアルコードで1回限りなのが残念。コロシアムの特典ディスクみたいに1データ1回ずつもらえれば良かったが、それだと映画見ない人から文句が出そうだな…。


ともかく無事にディアンシーを手に入れられて一安心。映画の感想?
「かがくの ちからって すげー」

全国図鑑完成

ポケモンバンクがいつの間にか配信再開されていたのにいつの間に通信で気付いたので、ダウンロードしてポケモンを転送。ボックス1個ごとに


BWでボックス1に移動
ポケムーバーで移動
ポケモンバンクで転送ボックスを空ける


という3段階の作業が必要になるため、大量のポケモンを輸送するにはけっこうな手間がかかってしまう。ボックスを整理するで複数のポケモンを移動できるのはBW2からなので、BWは特に大変。


全国図鑑の完成後はプラターヌ博士から「ひかるおまもり」、ヒヨクのホテル2Fのゲームディレクターから賞状がもらえる。



さすがに今までの賞状とは見た目が全然違う。
この1か月ですっかりポケモンをやる気がなくなってしまったが、暇ができたらサブのXYでマスターボールRTAとかしてみよう。(忘れるフラグ)

ポケモンバンク準備

明日から第5世代→XYにポケモンを移動できるようになるので、XYの図鑑に登録できていないポケモンを整理。現時点での捕まえた数が535だったので、200匹近く転送する必要があるが、ほとんどはホワイトとブラック2で見つかった。


ちょっとタマゴ孵化が必要になるけど、明日には問題なく全国図鑑完成できるだろう。

駒場祭

ポケモンXのRTAを見学するため駒場祭へ。
ちょっと遅れたものの最初のサナ戦辺りから見られた。


前半はカモネギヒトツキ、後半はルカリオがメインになっていて、御三家がほとんど使われていないのが特徴。BW2でも使われていたルカリオはともかく、カモネギが主力になるというのはかなり意外だった。
赤緑では便利な移動要因だったが、XYでは入手できるタイミングが早く、交換でもらえるポケモンのレベルが送ったポケモンのレベルに依存しないのも便利。


あとは序盤から「つるぎのまい」といった高価なわざマシンをどんどん買って使用していくのも新鮮だった。昔(第4世代まで)のRTAでは、わざマシンは売って資金源にするものという感覚が強かったので。


見ていた感じだとザクロが相当の強敵で、「フリーズスキン」補正のかかったアマルスの「とっしん」が思いの外強かった。まだ発売から1か月ちょっとなので、その辺りも今後改善されていくのかな。(今の4時間半ぐらいでも十分早いと思うけど)
記録は狙わないにしても、一度自分でもRTAしてみたい。


ちなみにRTAを見て初めて、ラプラスで「なみのり」するとラプラスに乗ったグラフィックが表示されるのに気付いた。

技&特性検証

技や特性の細かい仕様について、疑問に思ったところを調べてみたので適当にまとめてみる。


ワイドガード
変化技を防ぐことはできない。
「フェイント」で破られる。
ゴーストダイブ」でも破られる。


ファストガード
「せんせいのツメ」が発動した時の優先度0の技は防げない。
「フェイント」で破られる。
優先度+1の技は「いたずらごころ」「さきおくり」で最後に回した場合も防げる。


・トリックガード
味方の使用した変化技(「フラフラダンス」も含む)も防げる。
「いやしのはどう」「アロマミスト」のような味方に有利な変化も防いでしまう。
アロマセラピー」は防がない。


・フェアリーロック
敵味方全員が交代できなくなる。(トリプルの場合は端で使っても全体に効く。)
連続で使用すると失敗する。


・ふんじん
ほのおタイプなら変化技にも反応する。(「おにび」「にほんばれ」で確認。)
「めざめるパワー(ほのお)」にも反応する。


・そうでん
「ノーマルスキン」のポケモンが使う技もでんきタイプに変わる。


・かいでんぱ
じめんタイプにも普通に効く。


・マジックミラー
「フラフラダンス」は返すことができない。(第5世代と同じ。)


・トレース
ダブル・トリプルバトルの場合、コピー対象はランダム。(第5世代と同じ。)


・ものひろい
「ポイントアップ」も拾ってくる。
以下はレベル100の場合のデータ。


レベル 91〜100
げんきのかけら 27
かいふくのくすり 9
たいようのいし 9
つきのいし 9
ふしぎなアメ 9
ハートのウロコ 9
げんきのかたまり 6
ポイントアップ 5
ピーピーマックス 1
たべのこし 1
きれいなウロコ 1

バトルハウス(通信マルチ)

ラクル交換でおくびょうHABCSゴースを入手したのでゲンガーを育成。
何かに使ってみようと思い、バトルハウス(通信マルチ)に挑戦してみた。


まずはサブの方でもマルチをクリア。パートナーはサナを使ってみたが、ニンフィアヌメルゴンどちらも割と打たれ強いので戦いやすかった。ただしニンフィアは攻撃技が「マジカルシャイン」のみのようなので、あまり攻撃面では期待できない。
また、シャトレーヌ戦ではラジュルネのポケモンエルフーンキリンリキになっていた。(ルスワールはネオラントオコリザルのまま。)本来の手持ち(ラジュルネの場合は6匹)からランダムで選択なのかも。


で、スーパーマルチを通信でプレイしてみる。
通信マルチの特徴はメガシンカを1人1回ずつ使えることで、メガゲンガーメガガルーラといった通常では不可能な組み合わせも可能になる。ゲンガーはメガシンカすると「ふゆう」が消えるので、「じしん」を使いたいときはわざとメガシンカしないといった組み合わせができるのも面白い。


…が、通信マルチの最大の弱点は戦闘アニメが常にオンになってしまうことで、ただでさえ時間がかかる上にメガシンカ2回分のエフェクトが出るのは辛い。CPUと組んで進めるよりは確実に勝てそうだけど、これではシャトレーヌに到達するのはいつになるのやら。

バトルハウス(スーパートリプル)

ついに200連勝を達成し、「スターのみ」をゲット。(特に書いてなかったけど「サンのみ」は何日か前に取っていた。)
使用メンバーは50連勝した時と全く同じ。カメックスに「しおふき」とかホルードに「まもる」とか入れたい技は色々あったものの、今の技もけっこう使用機会があるので変える勇気が出なかった。


戦った感想としてはまず「ワイドガード」が強すぎで、前回のラジュルネ戦と同様にカポエラーが全く攻撃を受けずに「ワイドガード」連打したまま勝てる試合がかなり多かった。特に「なみのり」「じしん」「だいばくはつ」といった技を相手が持っていると、相手だけが一方的にダメージを受けてくれるので非常に楽になる。


また高火力の遠隔攻撃を使えるファイアローメガカメックスと、全体攻撃を持つガチゴラスホルードのバランスも重要。ただしファイアローがすぐ倒れるせいでくさタイプが苦手になるので、その辺は次に組む時に注意したいと思った。(大抵のくさタイプは序盤で倒してしまうし、終盤ならピッピの「このゆびとまれ」で引き付けながら集中攻撃して倒せてはいるけど。)


シングルだとフシギバナリザードンに比べて存在感が薄いメガカメックスだけど、トリプルでは十分に活躍できるポケモンであることが示せた気がする。